スタッフブログ

2021.06.14

撥水加工はいかがですか?partⅡ

伊那営業所 スタッフの小林です。

普段仕事で使っている車に撥水コーティングをしてほしいとのことで入庫したお車です。

作業前の水の弾き具合はとても悪く、水が伸びた状態で残ってしまっています...

作業はガラス洗浄⇒油膜落とし⇒撥水コーティング塗りの順番で行っていきます。

まずは、ガラスに付着しているゴミやホコリなどを拭き取ります。

次に油膜落としですが、撥水コーティングの中で一番重要な作業になります

なぜかと言うとガラスに油膜が残っているとコーティングのノリが悪く、

コーティングが早く取れてしまい、本来の性能を発揮することができなくなってしまうので

とても重要なんです

なので隅々まで油膜を落としていきます

次にコーティン剤を隙間なく丁寧に塗っていきます。

しばらく乾燥させてから拭き取りをして作業完了です

水がキレイに流れていき、前が見やすくなりました

作業を依頼されたお客様は今回が初めてではなく、気に入っていただき

何度もリピートしていただいています。

お客様のお話によると「カー用品店で売っている撥水剤よりも効果が長くて

本当にいいんだよ」と嬉しいお言葉をいただいております。

撥水加工してある車と、していない車では全く違います!

撥水コーティングをして雨の日でもスッキリとした視界で安全運転を

今日、梅雨入りしました

この機会にいかがでしょうか?

お気軽にお問合せください

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

コメントフォーム